loading

愛知県刈谷市にある刈谷駅 ミナミデンタル クリニックです。

医療費控除について

医療費控除を活用しよう

歯科診療には、診療費や薬代、入院費など、さまざまな費用がかかります。また、保険がきかない診療は高額になりがちです。自分自身や家族のために年間10万円以上の医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを「医療費控除」といいます。

医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。医療費控除制度の概要と、どのような費用が控除の対象となるのか、ご紹介いたします。

医療費控除概要

その年の1月1日から12月31日までの間に、自分や家族のために10万円を超える医療費を支払った場合、確定申告をすれば一定の金額の所得控除を受けられる制度です。

医療費控除の対象となる歯科治療

自由診療の場合

特殊な治療は医療費控除の対象にはなりませんが、保険診療外の金やセラミックを使った義歯、クラウン(被せ物)の挿入や入れ歯などは一般的な治療とされ、対象になります。予防関連のものは対象にはなりません。

歯列矯正

子どもの成長を阻害しないように行われる歯列矯正では、年齢や目的など必要と認められる場合には医療費控除の対象になります。審美治療のために行われる歯列矯正は対象になりません。

通院費

対象になります。お子さんが幼く付き添いが必要な時は、付添い人の交通費も対象になります。ただし、対象となるのは公共交通機関を利用した場合のみです。

医療費控除を受けるポイント

  • 一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合、医療費が税金の還付・軽減の対象となります。

  • ご本人の医療費のほか家計が同じであれば、配偶者や親族の医療費を合算することができますので、奥様が扶養家族でなくても、旦那様の医療費と合算できます。

  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

  • 医療費控除の手続きには、確定申告時に医療費の支払いを証明する領収書が必要です。

医療費控除の具体例

控除額は所得税率が高いほど高くなります。そのため高額所得者ほど医療費控除で還ってくる税金は、多くなる仕組みです。以下の表は、課税所得別に見た医療費控除の還付金の一例です。課税所得が高いほど還付金額の割合も高く、実質の医療費が割安となっているのが見てとれます。

医療費が100万円の場合(単位:円)

医療費 課税所得 税金(所得税+住民税) 還付金額 実質医療費  
医療費 医療費
1,000,000 6,000,000 1,370,000 1,070,000 300,000 700,000 70%
  8,000,000 2,000,000 1,670,000 330,000 670,000 67%
  10,000,000 2,760,000 2,330,000 430,000 570,000 57%
  20,000,000 7,200,000 6,700,000 500,000 500,000 50%

医療費控除は前途の通り、生計を共にする配偶者や親族の医療費を合算することが出来ます。ですから、同じ治療費の申請でも、例えば奥様が300万円の所得で、旦那様が800万円の所得の場合、奥様の方で申告するよりも、税率の高い旦那様の方で確定申告していただければ、控除の実質医療費を下げる事が出来ますので、定年を控えた団魂の世代の方には、お仕事を引退される前にインプラント治療を行うことを強くお勧めしております。

お問い合わせのページへ
お支払いには各種クレジットカードもご利用いただけます。
  • ネット予約
  • 無料託児サービス

診療内容

  • ホワイトニング

    ホワイトニング

    歯を削ったり麻酔をすることなく、白く明るい色合いにする方法です。

  • 審美歯科

    審美歯科

    歯を美しくする、個人の条件を考慮したトータルコーディネートな治療となります。

  • 無痛治療

    無痛治療

    当院では、治療に伴う痛みを軽減できるよう心がけています。

  • こども歯科

    こども歯科

    当院では、お子様が歯医者を好きになるような治療を心がけております。

  • 矯正歯科

    矯正歯科

    歯列矯正は見た目を美しくするだけでなく、さまざまな影響を改善するための治療です。

  • 一般治療

    一般治療

    一般的なむし歯や、歯周病の治療などを行います。

診療カレンダー

  • 医療費控除
  • 採用情報