神経を可能な限り残すMTA(歯髄保存治療)

「むし歯が大きくて、神経を取らないといけないと言われた!」
こんな経験のある患者さまは、ご相談ください。
当院の「MTAセメントを用いた生活歯髄療法」とは神経まで及んでいる虫歯を、神経をとらずに保存する治療方法です。

歯は神経(歯髄)を失うと、痛みを感じないため、むし歯の発見が遅れます。また、歯根が割れやすくなったり、さらには根の先に膿が溜まったりなど歯の寿命は10~15年程短くなるといわれております。
そのためご自身の大切な歯を失わないためには、いかに歯の神経(歯髄)を取らずに、保存するかにかかっています。

一昔前なら神経を取っていたケースがMTAセメントの登場で神経を残せるようになってきました。もちろん、全てのケースに適応されるわけではありませんが、歯の神経を残す最後の砦として大変有効な治療方法です。

この治療が成功するかどうかは、神経がどれだけダメージを受けているかによります。神経のダメージが少なければ、感染源を取り除き、きっちり封鎖をすることで神経の保存は可能です。神経のダメージが大きいと、原因を取り除いても生命力が回復できず、神経は死んでしまい歯が痛くなります。その場合は神経治療が必要です。この「神経の保存が可能かどうか?」の見極めが難しいため、一般的には神経治療を選択することが多いのが現状です。

当院ではこの治療の成功率をあげるためにマイクロスコープやラバーダムを用いて治療をおこない95%の成功率があります。

当院の「生活歯髄療法」の特徴

① ラバーダム防湿による無菌的処置

② マイクロスコープの使用
(術野の明視下・拡大下での精密治療)

③ MTAセメントを用いた露髄面の3次元的封鎖(再感染の防止)

これにより当院で行う治療の成功率は95%程度あります。
(海外の論文ではこの治療法は非常に高い成功率を誇ると報告がされています。)
望みがあるなら神経を保存したい、後に痛みがでたらその時に根管治療をすればいい、と思われる方にはオススメです。

※当院の「MTAセメントを用いた生活歯髄療法」は保険適用外診療です。

当院の「生活歯髄療法」の特徴

STEP1

虫歯を完全に除去すると出血とともに神経が見えてきました。

STEP2

止血をおこないます

STEP3

止血が完了しました。見えているのが神経(歯髄)です。

STEP4

慎重にMTAで露出面を保護します。

STEP5

MTA硬化時

STEP6

MTAの上レジン系のセメントでさらに封鎖します

STEP7

当日の処置完了。この後は経過をおって問題なければ最終的な詰め物を詰めます

※MTAを行うためには術前の診査が重要になります。う蝕があまりに大きい場合や、何もしていなくても痛みがある場合には歯髄の保存が困難な場合があります。また、MTAを行なっても、経過を診て症状が生じた場合や歯髄の生活反応が消失した場合は、通法どおり抜髄に移行する可能性があります。
※治療後に症状が出て、神経治療に移行した場合MTAの費用は返金できませんのでご了承ください。

MTA(歯髄保存治療)
44,000円(税込)

※別途上部補綴物の費用がかかります

上部補綴物(詰め物、被せ物)
33,000円〜88,000円(税込)