小児矯正(Ⅰ期治療)の目的は将来、
永久歯を抜かずにⅡ期治療をできる環境をつくっておくこと、
そしてⅠ期治療で終了することが目標です。

矯正には、「Ⅰ期治療」と「Ⅱ期治療」があります。
そのうち5〜7歳頃から始める「Ⅰ期治療」は永久歯がきれいに生えるようにあごの成長をコントロールしたり、
上下のあごの成長のバランスをコントロールし、受け口や出っ歯の土台の部分を治します。
また、口呼吸や指しゃぶりや舌の悪い癖を早い時期に改善します。
「Ⅱ期治療」は永久歯が生えそろった後に行い、
歯にワイヤーやアライナー(マウスピース 型矯正装置)による治療で、基本的に成人の矯正治療と同じです。

矯正歯科の治療症例

下記のような症例に対応しております。
費用の目安:44万円+調整料

叢生(そうせい:ガタガタ)
Before
After
上顎前突(出っ歯)
Before
After
反対咬合
Before
After
クロスバイト
Before
After
開咬
Before
After

当院のⅠ期治療のゴールは「平均70点」をゴールと考えております。また低学年から始めた場合の8割以上がⅠ期で終わりますが、高学年から始める場合はⅡ期治療が必要になるケースが増えます。


Ⅰ期治療で改善が難しいのは歯のねじれ(捻転)、正中(上下の前歯の真ん中)がぴったり、下の前歯のわずかなガタツキなどです。
小学校6年生ぐらいになるとお子さんのⅠ期治療のゴールがみえてくるので、そこでⅡ期治療に移行するかどうかお子さんの意見も含めて決めていきます。

このようにきれいに並べるにはⅡ期治療が必要です

当院ではⅡ期治療はインビザライン(マウスピース矯正)で治療しております。

治療の流れ

お子さんの現在の歯並びと将来の展望予測、そして矯正治療が必要かどうかも含めて検討していただき、決心がつきましたら精密検査へ進みます。検査では歯型や顔、口の写真やレントゲン写真を撮影し診察を行なっていきます。検査の結果をもとにした治療方針の詳細をご説明し、納得していただいた後に治療が開始いたします。

治療費の目安

精密検査、診断料(矯正相談は無料)
16,500円(税込)
Ⅰ期治療(小学生まで)
440,000円(税込)※1

※軽度の場合165,000円〜

Ⅱ期治療
抜歯矯正に移行した場合
165,000〜330,000円
(税込)※1

※軽度の場合165,000円〜

永久歯が生えそろった時期から始める
770,000円〜
(税込)※1

※目安:中学生

※1 処置料が毎月かかります 3,300円(税込)