小児の虫歯について

当院では、家族の方々と一緒に生活習慣も含めた虫歯予防を行うことで、
お子さんが成人になった時に、むし歯がないだけではなく、
むし歯になりにくい口腔内環境を提供することを目指しております。

歯は小さくて大切な一生の宝物

「ムシ歯が1本もない。白い歯、きれいな歯並び」
それは、親から我が子への「最高のプレゼント」です。
おいしく食事をする。素敵な笑顔で会話をする。
そこにはいつも健康的でキレイな歯が輝いています。
しかしお子さんのカだけでは歯を守れません。
親御さんがムシ歯予防など歯に対する知識を習得し、
そのことを実践、継続することが重要です。

お子様が不安にならず楽しんで通院出来る環境づくりを行っています。

①テレビを見ながらリラックス治療

各チェアーにテレビを設置していますので、テレビを見ながらリラックスした状態で治療を受けることができます。

②キッズルーム

保護者様の治療中や、治療までの待ち時間はキッズスペースで遊んで待つことが出来ます。

③ガチャガチャ

がんばった子にはご褒美があるよ。

④おむつ交換台

トイレにもおむつ交換台を ご用意してあります。

お子さんが歯医者嫌いにならないために

お子さんは一度「歯医者さんは怖いところ」というイメージを持ってしまうと、
治療が必要な時に行き たくなくなってしまいます。
そしてそのトラウマは一生続き、大人になっても歯医者が怖くお口の中は ボロボロの方がいらっしゃいます。
そうならないためには、いきなり治療せずに、少しずつ慣れていた だくようにすることが大事です。
少しずつ口の中を触られることに慣れていただくようにしています。
すると、最初は泣いて嫌がってい たような子でも、
2〜3回通った頃には治療を受けられるようになることも珍しくありません。

お子さんの年齢、性格、痛みの有無などをふまえて、
無理のない治療を心がけております

当院では虫歯になっているからといって必ず治療をしなければいけないとは考えておりません。
ほんの少しの小さいむし歯であれば歯を削らずに経過観察をした方が良い場合があります。
またその歯の生え変わりが近い場合も同様です。
それよりもむし歯が進行しないようにすることが重要であり、むし歯進行するようであれば、
適切な時期に歯を削って詰めるよう心がけております。
むし歯になるということは、食生活、生活習慣に問題があると考えられます。
ただ治療をする だけで根本的な原因が解決されていなければ、また同じようなことになってしまいます。

乳歯は虫歯多くても食生活の改善で永久歯虫歯ゼロは可能です

虫歯にならない。させない。なっても進行させないために。

むし歯の予防は、好ましい生活リズム、規則正しい食事や成長にみあった食生活、
適切な歯磨き、フッ化物による歯質の強化など、さまざまな方法を
一人ひとりにあわせて取り組むことが最も効果的であると考えます。

当院では初診のお子さんにはまず食生活、歯磨きやフッ素活用の有無などアンケートを書いていただきます。
そして、お子さんがなぜ虫歯になったのか、ならないようにしたらどうしたらよいかなど
「虫歯になりにくい生活習慣」を提案させていただきます。

事前にご記入、ご持参いただくと、来院回数が減る場合があります。