当院では成人の矯正治療には
インビザラインを用いて治療しております。

インビザラインとは、透明素材のマウスピースで目立たず、そして取り外しができる矯正治療です。
米国のアラインテクノロジー社が1999年か、提供を開始した歯列矯正で、
これまでに100ヵ国以上の国で扱われ、800万人以上の方がインビザラインで治療を受けられています。

将来の歯並びを患者さんと確認してから治療をスタートできる

インビザラインのメリットとして最初に治療ゴールを視覚的に確認してからスタートできます。
「クリンチェック」という3Dシミュレーションソフトを使って、歯がどのように動いていくかを患者様ご自身の目で確認していただけます。「治療を受けたらこうなる」という将来の歯並びを確認できるのは、矯正治療を考える方にとって大きなメリットです。

クリンチェックでこのようなことも可能です

「前歯が大きいから少し小さくして並べたい」
「全体的に前歯をもっと内側へ入れたい」
「前歯の傾斜の角度をかえたい」
「2番目の歯の位置を2ミリ下げて1番目の歯とそろえたい」
といったご要望を反映させることも可能です。
このように治療の方向性に加えて、患者さんのご要望を反映しながら最終ゴールを決めていきます

インビザラインをおこなうための機器

マウスピース矯正を適切に行うためには、口腔内スキャナーやシュミレーションといった設備が必要になります。当クリニックでは、マウスピース矯正治療に必要な最新設備が整っています。

3Dスキャナー iTero element

歯並びや噛み合わせの状態をデジタルで読みとるための医療機器です。これにより歯型をとる必要がなくなり、またマウスピースの受け取りまでの期間を短くできます。

歯科用CT&セファロレントゲン

歯やアゴ骨の形態を三次元的に記録するためのレントゲン撮影機器です。歯科用CTがあることによって、歯の移動の限界量を把握でき、矯正をより適格に行うことができるようになります

LINEで相談する


インビザライン専用サイトはこちら